「内臓脂肪」と「皮下脂肪」の違いをご存知でしょうか?お腹についている脂肪はどちらも一緒とお考えの方もおられるかもしれません。しかし、それぞれ対処の仕方も微妙に異なってきますから、特に脂肪を落としたいと考えておられる方は、違いを知って適切な対処をしてみませんか?

内臓脂肪とは?

内臓脂肪も皮下脂肪も「体脂肪」に含まれます。しかし、それぞれつく場所や体に与える影響は異なるものです。内臓脂肪は、名前の通り、内臓の周りにつきます。

これは、内臓を正しい位置に保ち、クッションの役割を果たしているので、体に必要なものですが、つき過ぎると良くない影響を与えます。内臓脂肪は、代謝が良く、つきやすく落としやすいという特徴があり、ホルモンバランスや筋肉が多いなどの理由から男性のほうがたまりやすいでしょう。

内臓脂肪が体に与える影響と解消の仕方

内臓脂肪は落としやすいという特徴があるということは、血液中に流れやすいということになります。それは、良い面でもありますが、高脂血症や高血圧、糖尿病、脳梗塞、心筋梗塞などの原因となりやすいという命にかかわる危険を含む脂肪なのです。

ですから、自分の内臓脂肪の量には注意を払うことをおすすめします。最近は体重計などでも、この内臓脂肪の量を図ることができるでしょう。内臓脂肪は、バランスの取れた食事や有酸素運動をすることが主な解消方法となっています。

ウォーキングやジョギング、水泳、踏み台昇降運動などを続けて行うことで内臓脂肪を落としていくことができるでしょう。

皮下脂肪とは?

皮下脂肪は、皮膚の下にある皮下組織にたまる脂肪のことです。クッションの役割を果たし、けがのリスクを下げたり、断熱効果もある脂肪で、ホルモンバランスなどにより女性のほうがつきやすいのが特徴的です。

そして、内臓脂肪のように命にかかわるような病気を発症する恐れは少ないですが、体重が増えて体に負担をかけます。皮下脂肪はたまりにくく、落としにくい脂肪ですから、たまってしまった場合は、落とすのが大変になるでしょう。

皮膚のすぐ下にある脂肪なので、外側からの刺激で分解させやすいのが内臓脂肪と異なります。エステサロンで施術を受けたり、自分でマッサージをしたりすることができます。

また、皮下脂肪を落とすには、内臓脂肪と同じくバランスの取れた食事、運動をして代謝を上げることが大切です。有酸素運動に筋トレなどの無酸素運動を組み合わせて行うのも効果的でしょう。

自分の脂肪はどちらか見極めて対処を!

「内臓脂肪」と「皮下脂肪」との違いを見てきましたが、ご理解いただけたでしょうか?それぞれの特徴や違いを知り、時には命にかかわる場合もありますから、適切な方法で脂肪を落とすようにすることをおすすめします。